シミを作らない為にお肌が必要なものとは?

ハイドロキノンクリーム → ハイドロキノンクリーム~美白の知識~

ハイドロキノンクリーム~美白の知識~

シミで悩む女性の方は多いと思います。特に、ハイドロキノン副作用の心配のある化粧品はなかなか使えません。ですが、シミと同じくらいシワにも関心があるはずです。シワの最大の原因はどこにあると思いますか?。それは表皮の更に下にある真皮という部分にあるのです。真皮の約7割はコラーゲンという繊維から構成されています。真皮の中に蜘蛛の巣のように張り巡らされた真皮は、肌の弾力を保つ働きをしています。

コラーゲンの中には、エラスチンという異なる繊維が点在しており、コラーゲンの構造をサポートしています。このコラーゲンとエラスチンという2つの繊維の周辺を、ヒアルロン酸というゼリーのような物質が埋めていて、真皮の水分保持を助けています。

②コラーゲン
前述のように、真皮の7割を占めるコラーゲンは、生きた細胞ではなく繊維であるため、いわゆるターンオーバー(再生)はしませんが、新陳代謝がゼロという訳ではありません。ペースは遅いのですが、コラーゲンは、線維芽細胞というものから新しく生成され、古いコラーゲンは分解されます。真皮のコラーゲンの代謝のサイクルは、2年から6年もかかるのです。

この代謝も、40代の頃までで、それを過ぎると新しく生成されることは無くなっていきます。結果として古くなったコラーゲンが減少し、シワ・タルミの要因になるのです。

③エラスチン
真皮の5%程度に過ぎないエラスチンですが、コラーゲンを繋ぎとめるための大事な役割を果たしています。ですが、エラスチンもコラーゲンと同じく、加齢と共に減少していき、シワ・たるみの原因になってしまいます。

④ヒアルロン酸
ムコ多糖類と呼ばれるゼリーのような物質であるヒアルロン酸は、真皮の中のコラーゲンとエラスチンの網の隙間を埋め尽くして、水分の維持を助けます。ヒアルロン酸も加齢と共に減少し、食物等からは摂取ができないため、希少価値が高いものです。

近年、ヒアルロン酸を含んだ化粧品やサプリメント等をよく見かけるのはこのような理由によるものですが、どの程度の効果があるかは明確ではありません。また、ヒアルロン酸は、腕・足の関節や目の中にも存在しており、身体全体の水分の保持をしているのです。

⑤線維芽細胞
コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった真皮の成分を生成し、真皮の基本構造を作る重要な細胞です。